朝風呂生活3週間目

休職明けから、朝いつもより1時間強早起きして、お風呂に入る生活を始めました。

今週で3週間目となります。

 

元々低血圧で朝は苦手でしたが、休職以前は起床直後からうつで体が動かず、通勤電車の30分前に何とかして起き、小走りで乗り込み、ギリギリに出社する生活でした。

こんなんでは朝から嫌な気分になりますし、1日気持ちよく過ごせません。

 

また、世の中では多くの人にとって夜湯船に入ることは寝付きをよくする良いこととされているようですが、私の場合どうもそれが適用されておらず、逆に交感神経が活発になり、目が冴えてしまいます。

 

そこで夜は洗顔のみ済ませ、コタツで体を暖め、軽いストレッチを行った後、10時前後と早めの時間帯に寝床につき、6時前に起床する生活に変えてみることにしました。

 

結果、単に朝型生活をして健康になったと言うだけでなく、精神的にも出勤が幾分か楽になったことがわかりました。

恐らくですが。

かつては起きて即出勤が待っていましたが、今は出勤の前に入浴というタスクが経由するので、起き上がる際「お風呂に入らなきゃ」とまず考えるようになりました。

これは、「出勤しなきゃ」と思いながら起きるより、(あくまで自分にとってはですが)軽い気持ちでできています。

 

もっと仕事が嫌だった時はこれすらもできないのかも知れませんが、正直なところ今はまぁ仕事は落ち着いており、少し億劫な程度なので、この方法が効いてるのかもしれません。

 

なお、朝型生活で健康になっただけでなく……と軽く書きましたが、健康もちゃんと手に入れました。多分。

全部が全部ではないですが、免疫力が高まり風邪は引かなくなりました。