アスペルガー社会人♀のブログ

1年目(去年)でパワハラ受け、うつに。4月より心機一転部署異動。さてどうなる。

「頑張らなくていい」とは

うつ症状が目立ち始めてから、「頑張りすぎないで」「できることだけでいい」「できないことは頑張らなくていい」と言われることが多くなった。

でも私にはその言っている意味がよくわかっていない。

 

私が人から見られる「頑張りすぎている状態」とは過集中の状態だろうか?

確かに異常なスピードで動き回り、人からは「急いでいる?」「張り切っている?」と見られても不思議ではない。

しかしこれはASD特性であるために無理をしているというわけではないのだ。

むしろ、これがないと仕事ができない。

とはいえ、過集中しすぎてダウンしないよう自分自身でコントロールする必要性を感じる。

 

「頑張りすぎている」のが過集中についてではないにしても、「頑張らなくていい」は無理な気がする。

日頃職場において、頑張らないと人に話しかけられないし、会話の維持もできないし、会話の終わらせどころの見極めもできない。

社会人として必須のコミュニケーションも、対人恐怖の症状により無理をしないと満足に取れない。

(以前はできないなりに、代わりに積極性をもって取り組んでいたつもりだが、それは対人恐怖で失われてしまった)

 

今回は、私自身がやや言葉を真に受けすぎかもしれないが、とにかく「頑張らなくていい」と社会生活が成り立たない障害(発達障害精神障害)のある状態なのである。