読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー社会人1年目のブログ

社会人1年目でうつになり挫けたASDです。悩んでます。

大学時代と今を対比

自己理解

今、職場での人との関わりで悩んでいます。

毎日密接に関わる自分の部署での人間関係は、すごくやばい状態ではないけどそれなりに細々と悩むこともあり、自分は馴染んでいるとは言えないです。

孤立してる?嫌われてる?…そこまでかは自分自身わかりかねますが…

私は過集中特性が強く、少なくとも勤務中は無表情で黙りこくってひたすら仕事をしているために、雑談はほぼできません。雑談してエネルギーを使うことで、脳が疲れ果てて、肝心の仕事で使い物にならなくなると思うんですよね。

協調性がどうとか言われたら耳が痛いけど、仕事をしに来ているので自分では仕方ないと思っています…

昼休みも誰かと食事してたら、気を使ったり相手の反応に動揺したりして、午後気の抜けたダメ人間になると思うので、孤食です(社会人になると、ぼっち飯じゃなくて孤食って言うらしいですよー)

 

上記のことは悩んでも仕方ない面もあり諦めてもいますが、並行してもうひとつ。

同じ職場の人ではあるけど違う部署だから仕事の関わりはほぼなくて、遊びに行く仲間のような半分プライベートな関係の人たちとの関わりについて「私はこんなことをしていていいのかな?」と悩むことが多いです。

私は仕事中はほとんど話せないけど、飲み会など仕事外では「話すモード」に切り替えて、自分なりに明るく振る舞うようにしています。

コミュニケーション能力はないですけどね。

その切り替えって他の人にはわからないと思うので、自分の部署ではいつもこんななのに、ここでははっちゃけて(?)大丈夫かなぁ…とか考えていました。

でも、このことを職場の外の人に相談したところ、別に誰かに迷惑かけてる訳では無いと思うし、楽しいと感じる付き合いをしていたらいいのかなあ、もっと気軽に楽しんでも良いのかなと考えることができるようになってきました(昨日あたりからw)

 

さて、私の大学時代の振り返りなんですが。

卒業して何ヶ月も経つ今、思い出す私自身の大学生活の全体像は「楽しくて、笑顔ばかり」のイメージです。

でも冷静に細かく振り返ってみると、実際のところ4年間休む暇なく様々な問題を抱えていたし、客観的に見ると「楽しいとはいえないのでは?」と自身でも思います。

大学時代に投稿したTwitterとかブログ読み返すと、深刻すぎて当時の苦悩がフラッシュバックするし😭

通院の際、何度医者の前で泣いたかわからない…

親にも電話で色んなこと愚痴りまくってた。

でも、本当にすべてがどん底みたいな時期はなかったと思うんです。

 

一番は4年間付き合ってくれた友人がいたこと。

なにか深刻な悩みを抱えていたときも、友人と話す時は笑顔でいられた。

何か強い不安があっても、数人の友人だけはいつでも安心感を与えてくれていたし。

マジで感謝ですw在学中とか卒業のとき、全然うまく伝えられなかったけど…

 

あとは、ほんとに一時だけだけど!、繁華街でデートして騒いだりプリクラとったり…なんていうか若者らしく遊ぶ機会を与えたくれた恋人。

結構距離あったのに頻繁に大学のある都市に旅行に来て一緒に観光してくれた家族。

今思い出すのは、楽しかった思い出ばかり。

能天気な性格だからか、自分って幸せ者だったんだなあなんて思い込むこともあり。

 

この経験から私は、決して楽とはいえない毎日でも、とりあえず楽しいことがあるなら、それを素直に楽しんでおいた方が後々後悔することも少ないだろうし、最後に残るのは楽しい思い出なんだなって学びました。

だから今一緒に飲みに行ってくれたりする人やその機会を大事に、楽しみにしながら日々を過ごしていきたいと思います。