アスペルガー社会人♀のブログ

1年目(去年)でパワハラ受け、うつに。4月より心機一転部署異動。さてどうなる。

プライベートの人間関係の築きにくさ

つまりは「友達の作りにくさ」と言いましょうか?

最近、人間関係における自身の考え方の独特さが判ってきたため、今回記事にしたいと思います。

 

単刀直入に言うと「(誰か特定の人と)何が何でも仲良くしよう」とか、「そのために努力して仲良くやっていく工夫をしよう」という気が欠けているような気がします。

(勿論そうすべくスキルも欠けているのは言うまでもありませんが…)

 

友人・恋人と楽しく過ごせている(≒コミュニケーションがうまく行っている)ときはその人を大事な存在と思えるのですが、悪意のある言動を取られたりすると一気に「この人とはもういい」、それがエスカレートすると「もう一切関わりたくない」と思ってしまいます。

普通の人も相手から嫌なことをされ続けたらこういう思考にはなるでしょうが、私の場合その程度と沸点(?)が平均よりも低すぎるのでは、とかねてから思っていました。

自分では「他人と向き合えない」欠点と思っています。

自閉症由来で人に対する愛着が欠けているのでしょうか?しかしそれだけではない気がします。

 

私は小学校高学年(※)を除き、中学高校と常に一緒にいるような友人が居りませんでした。

中高生というと、特別気の合うわけではなくとも独りになりたくないがために無理をしてクラスメイトと付き合う努力をしている人が多いと聞きます。

私にはそのような、学校・クラスという閉鎖的な環境の中で人間関係を生き抜いてきた経験がありません。

(※の時期は唯一、3人グループではみ出ないように頑張ったり、クラスでいじめの対象にならぬよう皆に好かれている友人に必死に金魚のフンをしていました。)

 

こう打ち明けると私を「協調性・社会性のない人間」だと思われるかもしれません。

それらに欠ける人間であることは十分自覚しておりますが、これでもバイト先(×2)の組織には数年間所属ができているのですよね…。

バイトは「お金を稼ぐ」「社会性の向上など自己啓発をする」という目的で行っていることであるため、普段からある程度は周りに合わせる努力ができますし、多少の嫌なことがあっても我慢して居続けることができています。

世間一般でどう評価されるかはわかりませんが、自分ではバイト経験は成功体験です。

学校という組織でからっきしダメだった私が、曲がりなりにも安定して所属していられるところであるということを知ったのです。

 

この育成環境が「無理をしてでもオフで人と関わる必要性を感じられない」考え方が身についてしまったのではと思われます。

大学二年~ずっと私の友人関係のトラブルを聞いてくださった主治医には先日「(趣味を一緒にするなど)何かを挟んだ関係なら良いけれど、一般で言われている友達関係を築く、維持するのはちどりんさんには難しい」と言われました。

やっぱりなあ…と思いました。

こう言われてショックがないとは言えませんが、先生の言葉ではっきり言っていただくと自分の中で定義付けができて心が楽になります。

漠然としたイメージとしてですが、自分の能力(学力、仕事、趣味等)を以て人と関係を持つことはできるのに、私という人そのものを以て、かつ相手という人そのものを目的とした「人間同士」の付き合いは苦手だなあと思っていたからです。

単なる遊びに行くお供(言い方が変ですが)としてではなくて、その人と行く(会話する)価値があるとはっきり思える人って正直いないです。

逆に私のことをそんな風に位置づけてくれる人もいると思えないです。

等身大の自分をそのまま必要としてくれる人なんていると信じられないのですね。

自分もそんな人は家族以外に思いつかない。

 

そんな所以で、今現在大学で同じ組織に属している友人とすら積極的にかかわれずにいます。

遊びに行ったり過去にはしていたのですが、いまはとても苦手意識があります。

(一対一での遊びってハードルが高いから3~4人で遊びに行く人は多いけれど、逆にそれだと気を遣う人が多すぎて疲れてしまう、上手く振る舞えない)

バイト代を使ってひとりで買い物をして、ご飯を食べるのが一番楽しいです。楽だし。

 

大学の友人、友達歴四年目だから信頼はしています。確実に。

でも彼女たちの貴重なオフの時間を私に割いてもらおうとはとても思えません。恐れ多いような感じです。

異性に関しても同じような理由で自分から誘った試しがありません。

(主治医から「友達関係は難しいが、(役割がはっきりしているため)異性となら恋愛はできる」とも言われたので誘いには積極的に乗るようにしています)

私以外にも他の友人もいるのだろうし、そちらの方を大事にして欲しい、余程暇だったら私を誘って欲しい、そんな位置づけでいられたらと思ってしまいます。