読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガー社会人1年目のブログ

社会人1年目でうつになり挫けたASDです。悩んでます。

フラッシュバック対策

特性と対策

私はフラッシュバックが割とひどいほうだと自覚しています。
しかし普通のフラッシュバック(嫌な思い出が蘇り焦燥感に襲われいても立ってもいられなくなる≒(ネットでよく見る)うわぁぁぁぁというやつかな?)とは少し違い、いても立ってもいられなくなるのは一つのことを最初に思い出して二、三回まででそれ以降は「モヤモヤ」したり「強い怒り」を感じたりします。

性格が悪いのでしょうか。
悲しい、苦い思い出、このフラッシュバックの過程を通して、だいたい怒りになってゆくような(明確に私自身が反省点があった場合は別なのですが)。
怒りと言っても「いらいら」とはまた別で、フラッシュバック中に人に話しかけられたりしてもその途端に「他人に接するモード」に切り替え、特に嫌な態度をとったりしたことは自覚している限りではないような。

バイト中、あまり忙しくない時があると毎度毎度フラッシュバックが起こってしまい、自分は仕事を真面目にしていないのではと悩み主治医に相談したことがあります。
しかし特効薬のようなものはないと…上記の普通のフラッシュバックの場合だと安定剤を飲んで落ち着くということもあるようなのですが。
ひとつ、「あなたの好きなもの、ことの中で『これを思い出すと気分が良くなる』ことを考え手気分転換をはかる」という方法を提案されました。
でも自分の中でそのようなものを見つけられなくて、実行はできませんでした。

月日は流れ、ある時「毎回同じことを繰り返して1人で怒っているな」と気づいてそれ以降は起きても「まただ」と自分自身を軽く流せるようになりました。


さて、今日はTwitterのタイムラインにてこちらのブログの記事が流れてきたので、読んでみました。
http://hattatu-matome.ldblog.jp/archives/46159252.html
フラッシュバックの対策なんてないものだと思っていましたが、自助努力によりフラッシュバックを起こしてもあまり動揺しなくなるのではないか?と希望の光が差しました。

私もよく起こすフラッシュバックを書き出してみて、最終的にこうなるという過程を自覚してみたいと思います。
先の展開が予測できたら、つまらなくなってフラッシュバックを途中でやめてしまうかもしれませんね。楽観的すぎでしょうか。